無料電話会計相談
メインメニュー
協力サイト

サポートナビ

サポートナビ > 各種ツール > NPO用の会計ソフト
毎日の取引を理事会や総会に提出する決算書類にまとめたり、帳簿を作成する会計業務は、パソコンを使って実施することが一番効率的です。
会計ソフトを使用されることをおすすめします。
会計ソフトには、NPO用のものと、営利企業用のものがあります。
営利企業用のソフトでは、所轄庁に提出する活動計算書が作成できません。

    会計王14 NPO法人スタイル
     CD-ROMを購入して自分のパソコンにインストールして使用する会計ソフトです。入力したデータも自分のパソコンで保管します。
     NPO法人会計基準による活動計算書を作成、印刷できます。注記についてもエクセル出力が可能です。
     販売価格は、1年間の電話サポート込みで、42,000円(税込み)。
    http://www.sorimachi.co.jp/products_gyou/acn/
    ee-会計(ええーかいけい)
    ee-会計(ええかいけい)は、NPO会計支援センター(神戸)が提供しているNPO法人専用のASP会計ソフトです。インターネットに接続できるwindowsパソコンであればどこからでも利用できます。NPO法人会計基準に合わせた「活動計算書」が作成できます。また、部門別(事業別)管理、予算実績比較や前期比較、費用の配賦等の機能などがあります。
    ソフトの使用料は毎年10,500円〜(事業高・仕訳数による)ですが、ソフト単体の提供ではなく、会計支援(年12,000円〜)がセットとなっています。
    導入時の初期設定はNPO会計支援センター(http://www.npokaikei.com/)が行ないます。
    ee-会計とN-Booksは同じソフトですが、サポートしているNPOが違います。
    http://www.npokaikei.com/npo_soft/index.html
    N−Books
    N−Booksは、ネット上で提供されるNPO向けの会計サービスで、N−Books推進協議会(東京)が運営しています。
    インターネットに接続できるwindowsパソコンであればどこからでも利用できます。
    NPO法改正前の収支計算書を作成する「収支型システム」と改正後の活動計算書を作成する「損益型システム」を選択できます。部門別(事業別)管理、予算実績比較や前期比較、費用の配賦等の機能もあります。
    使用料は毎年10,500円で、Eメールや電話によるサポートを行います。
    仕訳件数が多い場合や特別会計等の複数会計が必要な場合は追加料金がかかることもあります。
    初期設定等は有料のオプションサービスになります。
    なお、ネット上で提供されるNPO向けの会計サービスとして、ee-会計がありますが、運営主体やサポート内容等が異なるだけでソフトウェアはN−Booksと同じです。
    http://www.ascjp.com/n-books/
      1 - 3 ( 3 件中 )